あい ななもり

無料を謳うあい ななもりを使用している中高年や若者に問いかけてみると、大部分の人は、ただ人恋しいという理由であい、一瞬の関係が築ければそれでいいという見方であい ななもりのユーザーになっています。
つまるところ、キャバクラに行くお金をかけたくなくて、風俗にかける料金もかけたくないから、料金が必要ないあい ななもりで、「手に入れた」女性でリーズナブルに間に合わせよう、と捉える男性があい ななもりを使用しているのです。
片や、女の子側は異なったスタンスを有しています。
「相手が熟年でもいいから、何でもしてくれる彼氏が欲しい。出会い系をやっているおじさんはモテない人ばかりだから、自分程度の女性でもおもちゃにできるようになるんじゃないの?思いがけず、タイプの人に出会えるかも、バーコード頭とかは無理だけど、顔次第では会いたいな。女性のほとんどがこのように考えています。
理解しやすい言い方だとななもり、女性は男性の外見か金銭が目当てですし、男性は「お手ごろな女性」を手に入れるためにあい ななもりを働かせているのです。

あい ななもりからの遺言

二者とも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会おうとしているようなものです。
そんな風に、あい ななもりを適用させていくほどにあい、男達は女を「商品」として見るようになり、女性も自分自身を「品物」として取りあつかうようにいびつな考えになっていくのです。
あい ななもりに馴染んだ人の主張というのは、少しずつ女をヒトではなく「物」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。
筆者「いきなりですが、参加者があい ななもりに決めたとっかかりを順々に話してください。
取材に応じてくれたのは、ななもり高校を中退してからは五年間自室にこもっているA、中間業者として生活費を稼ごうとまだ上手くはいっていないB、小規模の芸能事務所でレッスンを受けてアクション俳優を目指すC、あい ななもりのすべてを知り尽くしたと語る、ティッシュ配り担当のD、五人目のあい、新宿二丁目で水商売をしているE。

あい ななもりを科学する

誰もが二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(引きこもり中)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットを使っていたら、めっちゃ可愛い子を見つけて彼女の方からメッセージくれて、その次に、あるサイトのアカウントをゲットしたら、直メしていいからって言われたので会員になりました。その子とはメッセージも来なくなっちゃったんです。それでも、他にも可愛い人出会いはあったので」
B(転売に挑戦中)「アカウント取ったころはやっぱり、自分もメールがきっかけでしたね。めっちゃ美人でどっぷりでした。会いたいからあい ななもりに登録して。そのサイトの場合ななもり、サクラが多いってひょうばんだったんですが、ちゃんと女性も利用していたので、そのまま続けて使い続けています。
C(俳優になる訓練中)「私はですね、演技の幅を広げたくてアカウントを取りました。あい ななもりを使ううちにさんざん悪用する役をもらって、以降ですね」
D(パート)「僕なんですが、先に利用している友人がいて、影響を受けながら始めたって言う感じです」
それからあい、最後となるEさん。
この方に関しては、オカマだったので、あいハッキリ言って1人だけあまり参考にはならないでしょう。
質問者「ひょっとしてあい、芸能人の中で下積みをしている人ってサクラで生計を立てている人がいっぱいいるのでしょうか?」
E(某業界人)「はい、そうですね。サクラで生計を立てるって、シフト融通が利くしあい、僕みたいな、急にショーの予定が入ったりするような職業の人には求めているものなんですよ。予測不能の空き時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「得難い経験になるよね、女性のキャラクターとして接するのは簡単じゃないけど自分たちは男性だから、自分の立場からかけられたい言葉を向こうに送ればいい訳だし、男の心理はお見通しだから、男もやすやすとのってくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「予想に反して、女でサクラの人は男性の心がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男性サクラの方がよりよい成績を納めるのですか?」
D(とある芸能事務所関係者)「はい。秀でた結果を残しているのは大体男性です。だがしかしあい、僕なんかは女のキャラクターを作るのが上手じゃないので、いっつもこっぴどく叱られてます…」
E(とある芸人)「最初から、あいほら吹きがのし上がるワールドですからね…。女性になりきるのが結構大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女の子のキャラクターをやりきるのも、かなり苦労するんですね…」
女性キャラクターである人のやり方についての話に花が咲く彼女ら。
その中で、あるコメントをきっかけに、アーティストであるというCさんに視線が集まったのです。
D(ホステスとして働く)「有名ブランドのバッグなんてちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?あたしもそうなんだけどななもり、いろんな男の人に同じ誕生日プレゼントもらって自分のプレゼントとほかはオークションに出してるよ」
筆者「まさか!プレゼントなのに買取にだすんですか?」
D(キャバクラで働く)「それでも大事にもらっとくワケないです。クローゼットに入れてても宝の持ち腐れだし、シーズンごとに変わるので売り払った方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、国立大の女子大生)受け入れがたいでしょうが、わたしもなんですけどお小遣いに変えますね」
C(銀座サロン受付)あい ななもりにはそういうお金が手に入るんですね…私は今まで貢いでもらったりとかはないです」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。あい ななもりのなかにはどんな意図で利用している男性と見かけましたか?
C「高いものを送ってくれるような出会いはありませんでした。全員、パッと見ちょっとないなって感じで、あいセックスが目的でした。わたしはというと、あい ななもりは怪しいイメージも強いですが、まじめな出会いを求めているので、利用していたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「あい ななもり上でどんな異性と期待しているんですか?
C「一番の理想は、思われそうですけどななもり、医療関係者とか弁護士の方とか国立大学にいるような出来のいい人を探しています。
E(国立に籍を置く)わたしも、国立大に在籍中ですが、あい ななもり回ってても、優秀な人がいないわけではないです。問題は、ななもり偏りが激しい人間ばっかり。」
あい ななもりに関しても、オタク系に嫌悪感を感じる女性はなんとなく人数が多いみたいです。
サブカルに抵抗がなくなってきているかの日本でも、まだ単なる個人の好みという受入れがたい至っていないようです。

最近の投稿

アーカイブ